FC2ブログ

開業医に勤めた後多くの人は自分の医院を開業するのか。開業以外の道もあるのかどうか

回答 「開業医に勤めた後はほぼ開業です」

私が学生の頃、見学に行ったある開業医の言葉
「歯医者は、開業するか教授になるかしかない」
もちろん、行政に行ったり勤務医のまま終える場合もないわけではありません。しかし、進路に迷う学生の私にとっては衝撃的な言葉でした。当時は「開業するにはお金がないな。開業はできないな。」という程度の考えでした。でもその言葉で退路が断たれた思いがしました。今の自分に明確に、教授になるとか勤務医で一生終える、という思いがないのであれば、進む道は開業のみです。開業への道を進む中で、この勤務先なら一生勤務できる、勤務したい。という縁があればそれは幸運です。今後は、(私も含めて)歯科医院を継承する後継がなく勤務医に院長を譲ることが増えるでしょう。これまでのように、開業資金が何千万ないと開業できない、などということは少なくなるでしょう。資金的には負担は少ないですが、院長としての責任は負わねばなりません。院長所得の半分もしくはそれ以上は責任料だと思います。

開業医に勤務する場合どういった医院を選べばよいか。

回答「自分が何を求めるか。それが得られるか。」
結局、自分の希望によるのでしょうが、それがわからないからこのような質問が出るものと思います。
そこで、そういう人への次の結論。
「岡大同窓生を含む、歯科医師が複数いるところ」
です。場所だの給料だの専門性だのは自分の事情で考えて下さい。

岡山大学歯学部 進路相談会2019

2019年7月7日開催の岡山大学歯学部進路相談会
質問に対する回答の一部は、ホームページトップの「ブログ」に記載します。
(現在「ブログ」不調です。復調したら主に「ブログ」に掲載します)
お手数おかけします。

岡山大学歯学部同窓 進路相談会

7月8日 進路相談会が開催されました。
HPからこちらにこられた方は、お手数ですがHPに戻って
「ブログ」をご覧ください。

歯科医師募集中です

当院(名港鈴木歯科医院)では歯科医師を募集しています。

当院の求める歯科医師は、
基本的な歯科治療を真面目にきちんとできる人、また、そうなろうとしている人、です。

そんなの当たり前ですよね。
でも、そうでない歯科医師、そうなろうとしていない(と思えるような)歯科医師が
少なくないようです。

日常の診療の多くは、極ありふれた処置です。そしてその元になるのは、的確な診断です。
専門誌に掲載されているような一見華やかな症例には憧れますが、
それを望む患者さんも、機会も、必要性も多くはありません。
1万人に一人の症例を治療する神の手を持つより、
10人中の9人に寄り添い手助けできる、人の手を持ちたいものです。

http://meikousuzuki.jp/


プロフィール

名港鈴木歯科医院

Author:名港鈴木歯科医院
名古屋市 港区 歯科医院 院長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR